犬飼新之介 クラシックピアニスト




静岡県浜松市に生まれる。4歳よりヤマハ音楽教室に入室、6歳よりピアノを始める。
 

ジュニア・オリジナル・コンサート海外演奏旅行等に参加、数多くの自作曲を演奏する。 
 

桐朋学園大学在学中に第1回東京音楽コンクールピアノ部門第1位を受賞。
同大学を首席で卒業。 

桃華楽堂にて御前演奏を行う。国内主要オーケストラと共演する。 

桐朋学園大学研究科を修了後、フランクフルト音楽演劇芸術大学にてCatherine Vickers女史に師事。
 

2013年ドイツ演奏家国家資格取得コース(コンツェルト・イグザーメン)を修了した。 

第1回東京音楽コンクール第1位をはじめ、ハエン賞国際ピアノコンクール第2位及びスペイン音楽賞(スペイン)、テレコムベートーヴェン国際コンクール(ドイツ)第3位及び聴衆賞など、国内外のコンクールにて入賞。 

現在は日本・ドイツでの定期的なリサイタルのほか、ベートーヴェン音楽祭への招聘、東京文化会館でのモーニングコンサート出演、ゲーテハウス(フランクフルト)でのデュオコンサート、ハンガリーにて日本大使館主催コンサートへの出演等、ヨーロッパを中心とした演奏活動を行っている。これまでに、ボン・ベートーヴェンオーケストラ(ドイツ)をはじめ、スペイン、イタリア、フィンランド、ヨルダン等のオーケストラと共演し、好評を博す。